« 朝日のトンビ | トップページ | 様似川の岩と吊り橋 »

油絵は灯油で描け

Artsaaki_089

中学生のとき始めた油絵、当時の美術の先生が「溶き油は灯油を使え」と言うので、
長年灯油を使って描いてました。
いつのものかわからない絵の具は美術室にありましたが、溶き油はありませんでした。
当然油絵の材料など様似(かんだ)には売っていません、浦河(かずさや)には売ってたけど。

ただ灯油を使うと絵の乾燥が異常に遅いのです、長年それが普通と思ってたんですね。
描く人の数だけ技法がある油絵なので、描き方の本を読むこともありません。

油絵を離れ、しばらくメイン画材は鉛筆にしてましたが、2年ほど前から油絵を再開し、
揮発性油や乾性油を上手く調合することで、描いてる途中でも乾燥が進むことを初めて知りました。
過去の偉大な画家を模写し、油絵の基本を今頃になって始めたところです。

基本を知らないって、恐ろしいことですね。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

« 朝日のトンビ | トップページ | 様似川の岩と吊り橋 »

描いた絵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1028640/43472840

この記事へのトラックバック一覧です: 油絵は灯油で描け:

« 朝日のトンビ | トップページ | 様似川の岩と吊り橋 »