« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

ゲロゲロさまに

Artsaka_e01

道路を横断する一匹のカエル。


Artsaka_e02

近くの水たまりをのぞくと卵がどっさり。


Artsaka_e03

交尾中のカエルが何組もいました。


Artsaka_e04

路上のカエルをセイコーマートのカードと比べてみます。
カエルの専門家じゃないけど、エゾアカガエルと思われます。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

天馬街道から見えるすごい雪崩群 その3

天馬街道から見えるすごい雪崩群 その1
天馬街道から見えるすごい雪崩群 その2」のつづきです

Artsanadd_105

遠くに見える雪崩、道路からはだいぶ離れてます。


Artsanadd_106

木の大きさから比べると、かなりのボリュームの雪があるのがわかります。

 次の雪崩に行ってみましょう。


Artsanadd_109

橋の下へ流れる雪崩。


Artsanadd_110

山の上から一直線に流れてきたのがわかりますね。
再び流れ出す雰囲気がたっぷりと残っています、まだまだ生きてるって感じです。

 次の雪崩に行ってみましょう。


Artsanadd_107

スノーシェッドの上に被さる雪崩。


Artsanadd_108

しっかりと雪崩対策していますね、道路には影響なしです。
すごい勢いで流れてきたのがわかる痕跡です。
色の白さから雪崩が新しいものとわかります、雪が降らなくなってからだいぶ日数がたっていますが、
春の雪山の危険さが感じられますね。


 次の雪崩に行ってみましょう。


Artsanadd_103

覆道のすき間から見える雪崩。


Artsanadd_104

川に達したのがわかります。
写真ではいまいち大きさがわかりにくいけど、これもビックな雪崩です。

 次の雪崩に行ってみましょう。


Artsanadd_101

こちらも道路から離れている雪崩。
歩いて近くに行こうかなと思いましたが、もちろん行きません。


Artsanadd_102

高い場所には緑が見えています。


天馬街道から見えるすごい雪崩群シリーズでした。
撮影できなかった雪崩もまだまだありましたが、
それらを撮影するには天馬街道を歩いて横断するくらいの覚悟が必要なので、今回はこの辺でやめました。
この後も、これらの雪崩がどう変化していくか時間があれば撮影に行きたいと思います。

まぁ、「バカバカしいもの撮ってるな」とまた言われそうですが、
夏祭りの花火を見て、これら自然の驚異に興味を持たないのも不思議なことです、人災災害はさておき。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

天馬街道から見えるすごい雪崩群 その2

天馬街道から見えるすごい雪崩群 その1 」のつづきです


Artsanadd_01

橋の上から見える巨大な雪崩、二つの雪崩が合流したのがわかります。


Artsanadd_02

その隣にある雪崩。


Artsanadd_04

三つの大きな雪崩を見ることができます。
24mmレンズでも全体を納めることができない大きさ。


Artsanadd_05

生きてるような生々しい質感。


Artsanadd_06

川を越えた雪が橋になって残っています。


Artsanadd_07

木々を押し倒すすごい力が伝わってきます、自然の力はすごいですね。


Artsanadd_09

途中で流れが止まったもの。


Artsanadd_010

雪の固まりがコロコロ転がった跡が残っています。


Artsanadd_011

天馬街道を歩いての撮影はかなり怖い、車がすぐそばをぶっ飛ばしてくので、
人が歩いてるとは思わない場所ですからね。
こちらもドライバーにはかなり迷惑な存在ですが、天馬街道に歩行者がいてもまぁよかべ。


天馬街道から見えるすごい雪崩群その3」 につづく。

過去記事・道路に達した天馬街道の雪崩




にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

天馬街道から見えるすごい雪崩群 その1

Artsatenna_01

天馬街道から道路に影響がない、ものすごい雪崩を見ることができます。


Artsatenna_011

道路から見ると高い山の上から流れてきたことがわかります。
リアルタイムで遭遇したら怖くて撮影どころじゃないでしょうね。


Artsatenna_02

せっかくなので降りて近づいてみましょう。

素通りするにはもったいない迫力が目の前に、倒された木がたくさんあります。


Artsatenna_03

写真ではなかなか迫力が伝わらないので人と比べてみます、
画面真ん中に美術部長さんを立たせて撮影、ものすごい量の雪。


Artsatenna_04

車が走っていきます。


Artsatenna_05

川の上流に行ってみます。
雪崩が川を覆っています、水は深く美しいエメラルドグリーン。


Artsatenna_06

今期何時発生した雪崩かわかりませんが、雪の質感からだいぶ日数が立ってるようにもみえます。


Artsatenna_07

下流に行くと水が少ない。
鉄砲水が発生する危険がありますね、大変危険なので近づかない方がよさそうです。


Artsatenna_08

天馬街道からはまだまだ沢山の雪崩が見ることができる。

天馬街道から見えるすごい雪崩群その2」 につづく。


過去記事・道路に達した天馬街道の雪崩


Artsatenna_09_2

そして天馬街道と言えば覆面。

Artsatenna_010_2

春を告げる天馬街道の覆面パトカー。この日、2台の車が捕まっていた。
これからの季節、天馬街道を走る際は十分警戒した方がいいようです。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

春の夕日

Artsa412_01

そろそろ観音山の開花が気になる時期ですが、まだまだ夕日が美しい様似です。


Artsa412_02

様似漁港に行ってみましょう。


Artsa412_03

しばらく太平洋に沈む夕日は見ることができない。




にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ寒し

Artsasaf_01

夕日が沈む様似漁港。


Artsasaf_02

船のシルエット。


Artsasaf_03

港は風が強く寒い。


Artsasaf_04

ゴメが飛んでる。


Artsasaf_05

昨日は大荒れだった様似の海。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

海に帰るもの

Artsauto_01

海に帰る白い物体。


Artsauto_02

自分の力で海に帰ろうとしている。

遠くには様似の風景がある。


Artsauto_03

勇ましい魚の骨格。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »