« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年大晦日の様似

Artsahagsaj21254_001

アポイ岳をバックに様似川のオオワシ。


Artsahagsaj21254_002

オジロワシとオオワシ、今年は例年より多く見かけます。


Artsahagsaj21254_003

幌別川もいいけど様似川でのワシウォッチングもいいかもしれません。


Artsahagsaj21254_004

快晴のアポイ岳も夕方には雲がかかりました。


Artsahagsaj21254_005

2015年最後の夕陽が沈みます。


にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

様似 いいとこアングル

Artsasiahskhag_001

塩釜を中心にアポイ岳、エンルム岬、ソビラ岩、親子岩、ローソク岩が凝縮されたアングル。
様似のいいとこ取りした素晴らしい構図ですが、枝が多すぎて実に残念な写真になっています。
ここではアポイ岳が枝の影に隠れています。

Artsasiahskhag_002

何とかアポイ岳のシルエットを生かせば、他が枝に隠れます。
なんとも痛し痒しな状態です。

Artsasiahskhag_003

枝の少ない見晴らしのいい場所に来ましたが、
塩釜のてっぺんと親子岩が重なり、これまた残念な写真になりました。


Artsasiahskhag_004

塩釜を中心に左に親子岩、右にローソク岩。
素晴らしい景色なのに、無駄な努力感満載の写真ばかりになりました。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

三井軌道 浦河様似の森林鉄道

Artsamistsushsami_001

山の中に堤防のように土盛りされた場所、かつて浦河町上杵臼から様似町西様似まで走っていた三井軌道跡地と思われます。

 ↓↓↓ 三井軌道の詳しいことは浦河町HPのこちらをご覧ください ↓↓↓
第七八話 三井軌道物語―森林鉄道が走った頃
https://www.town.urakawa.hokkaido.jp/sports-culture/100-stories/fourth/hyakuwadai4hen.html


Artsamistsushsami_002

今回は様似側のトンネルがあった場所を探索してみました。
現在の道路が作られたことで、トンネルがあった痕跡は何となくこの辺だろうという推測しかできません。


Artsamistsushsami_003

足場の悪い山の中を歩いていたら、妙な場所に人工的な木を見つけました。
写真ではよくわかりませんが、枕木のような木が縦横になっています。多くの遺構が土の中に埋められてるのかもしれません。

Artsamistsushsami_004

この場所をヒントに近くを探すと、太い丸太が綺麗に並んでいる場所を見つけました。
このような状態が数メートル続いています。


Artsamistsushsami_005

コンクリートの塊らしきものが見えます。

Artsamistsushsami_006

コンクリートと余ったレールを使った人工物です、L型になっていますね。


Artsamistsushsami_007

線路を固定するためのものでしょうか?

このような人工物は何も残されていないと聞いてただけに、歴史的発見かもしれません(笑)。


Artsamistsushsami_008

太さは現在のJRの半分くらいしかりません。

機会があれば浦河方面も調べたいと思います。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ


| コメント (0) | トラックバック (0)

秋の竜神

Artsashdgdhdgjdhd_001

中札内村の竜神。


Artsashdgdhdgjdhd_002

紅葉と竜神


Artsashdgdhdgjdhd_003

水面に映る札内竜。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »