秘 境

2017 冬の東金山金鉱山氷筍トレッキングツアー

Artsgafsk_00001

暗い洞窟の中に光る氷筍。

アートサマ二ズムの地域密着日帰り探検ツアーです。


Artsgafsk_00002

仲良く並ぶ姿も。


Artsgafsk_00003

冬のアポイ岳GEOパークの名所の一つです。


Artsgafsk_00004

今年は寒いせいか本数が少ないですね。
ですが出来た氷筍は見事な大きさです。


Artsgafsk_00006

今年はもう少し伸びるような気がします。




Artsgafsk_00005

帰り道は、ゆっくりと川の氷を見ながらの下山。


Artsgafsk_00007

今回の道中はとても大変でした。


Artsgafsk_00008

羽のような氷がありました。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

トーチカとJR日高線

Artsahsgjsk_00001

踏切の向こうに見える物はトーチカです。


Artsahsgjsk_00002

JR日高線とトーチカを同時に撮影できる隠れ名所です。
しかし列車が走ることは無い。

このトーチカのある、一歩手前の鵡川駅までしか列車は走っていない。


Artsahsgjsk_00003

日の丸構図で撮りたくなる、日本軍のトーチカ。
銃眼から入口が見える作りは十勝には無いタイプ。


Artsahsgjsk_00004

もう一つのトーチカが遠くに見えます。


Artsahsgjsk_00005

ずいぶんと大きなトーチカです、残念なことに崩壊しています。


Artsahsgjsk_00006

これまた珍しい形の物です。


Artsahsgjsk_00007

内部は不法投棄されたものでいっぱいです。



Artsahsgjsk_00008

車窓から二つのトーチカを見ることが出来るJR日高線でしたが。

鵡川~様似間は断念されました。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ


| コメント (2) | トラックバック (0)

台風の爪痕か、トーチカ落ちる!

Artsajshdjjd_01011

数年前に撮影したこちらのトーチカ、入口も銃眼も埋まって見ることは出来ない。


Artsajshdjjd_01012

去年の段階でも落下はしていなかった。


Artsajshdjjd_01013

そして今年9月の訪問では・・・  落ちていました。

おそらく台風10号の影響でしょう。


Artsajshdjjd_01014

落ちそうなトーチカの下では、絶対にピクニックはしないように。


Artsajshdjjd_01015

十勝の海岸を歩きながらのトーチカ探索は楽しいものです。


Artsajshdjjd_01016

戦跡トーチカ、来るたびに少し違った表情を見せてくれます。


Artsajshdjjd_01017

浦河・様似・えりも・広尾の「とんがりロード」にはこんな素敵な場所があることも忘れずに。





↓↓↓ 過去のトーチカ記事、こちらもどうぞ ↓↓↓

http://artsamanism.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-c212.html

http://artsamanism.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-573a.html


にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ


| コメント (0) | トラックバック (0)

海面洞窟の赤い壁

Artsahsgddraio_001

久しぶりにライオンの穴と呼ばれている、海面洞窟に来てみました。


Artsahsgddraio_002

洞窟内の壁が赤くなってることに気づきました。


Artsahsgddraio_003

洞窟の上にはライオンの形をした岩があります。


Artsahsgddraio_004

旧道の素掘りトンネルかとも思いましたが、天然のものなんでしょうね。


Artsahsgddraio_005

洞窟入口には昆布が。


Artsahsgddraio_006

実にパンチの効いた、かっこいい岩です。


過去にUPした記事 「ライオン岩とライオンの穴」
http://artsamanism.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-eff2.html



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ


| コメント (0) | トラックバック (0)

終了!2016 冬の東金山金鉱山 氷筍トレッキングツアー

Artsashgshdjhd_001_001

三週連続で開催された「2016 冬の東金山金鉱山 氷筍トレッキングツアー」が無事に終了しました。


Artsashgshdjhd_001_002

道中がとても過酷なツアーですが、感動する氷筍がまっています。


Artsashgshdjhd_001_003

人と比べると、その高さがわかりやすいですね。
1m以上は余裕であります。


Artsashgshdjhd_001_004

参加者達は交代で何度も撮影を楽しんでいました。


Artsashgshdjhd_001_005

様似にもこんなにステキな冬のスポットがあるのです。


Artsashgshdjhd_001_006

満足げに帰る参加者達。


Artsashgshdjhd_001_007

下山したあとは、ちょっとした隠れ歴史名所へ。
100%木で作られた橋を見学、昭和に作られた現役の橋です。


Artsashgshdjhd_001_008

冬の三井軌道跡にも。


Artsashgshdjhd_001_009

今期の氷筍はもう溶け始めています。


にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ


| コメント (0) | トラックバック (0)

キツネが眠る浮き球洞窟

Artsakisgahs_001

究極の現代アート会場に行ってきました。


Artsakisgahs_002

ここを住処にしていたキツネ。


Artsakisgahs_003

カメラを下に向けたらズームが勝手に動いてこんな写真に。


Artsakisgahs_004

※私有地ですので、浮き球の持ち帰りはご遠慮ください。


にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ


| コメント (0) | トラックバック (0)

三井軌道 浦河様似の森林鉄道

Artsamistsushsami_001

山の中に堤防のように土盛りされた場所、かつて浦河町上杵臼から様似町西様似まで走っていた三井軌道跡地と思われます。

 ↓↓↓ 三井軌道の詳しいことは浦河町HPのこちらをご覧ください ↓↓↓
第七八話 三井軌道物語―森林鉄道が走った頃
https://www.town.urakawa.hokkaido.jp/sports-culture/100-stories/fourth/hyakuwadai4hen.html


Artsamistsushsami_002

今回は様似側のトンネルがあった場所を探索してみました。
現在の道路が作られたことで、トンネルがあった痕跡は何となくこの辺だろうという推測しかできません。


Artsamistsushsami_003

足場の悪い山の中を歩いていたら、妙な場所に人工的な木を見つけました。
写真ではよくわかりませんが、枕木のような木が縦横になっています。多くの遺構が土の中に埋められてるのかもしれません。

Artsamistsushsami_004

この場所をヒントに近くを探すと、太い丸太が綺麗に並んでいる場所を見つけました。
このような状態が数メートル続いています。


Artsamistsushsami_005

コンクリートの塊らしきものが見えます。

Artsamistsushsami_006

コンクリートと余ったレールを使った人工物です、L型になっていますね。


Artsamistsushsami_007

線路を固定するためのものでしょうか?

このような人工物は何も残されていないと聞いてただけに、歴史的発見かもしれません(笑)。


Artsamistsushsami_008

太さは現在のJRの半分くらいしかりません。

機会があれば浦河方面も調べたいと思います。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ


| コメント (0) | トラックバック (0)

さまにポットホール探索ツアー

Artsappshahal_001

アポイ岳ジオパークにひっそりと存在するポットホール。


Artsappshahal_002

個性的な存在で有りながらも、あまりスポットが当たらない穴場です。


Artsappshahal_003

長い年月をかけて、水の流れで出来た穴です。


Artsappshahal_004

大人が余裕で入れる大きさばかりです。


Artsappshahal_005

おそらくこちらが様似を代表する一番大きなポットホールです。


Artsappshahal_006

真上から穴に落ちないよう撮影してみました。
ここは川から少し離れた高い場所にあります、ジオを感じる不思議スポットです。

探せばまだまだあるかもしれないですね。


Artsappshahal_007

幌満の空にはオジロワシが飛んでいました。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

浦河 隠れた秘境 名もなき滝・中巻

浦河 隠れた秘境 名もなき滝・上巻」のつづきです。

Artsahatatenma_001

滝の下に降りてきました、素晴らしい滝です。
前回は一番上の滝の上に立っていました。


Artsahatatenma_002

近くに行ってみましょう。


Artsahatatenma_003

足下が非常に滑ります。


Artsahatatenma_004

何段にもなってる見事な滝です。
上にある露天風呂のような滝壺を見たいところですが、登ることができません。


Artsahatatenma_005

ここが景勝地として無視されてるなんて、浦河も贅沢な町ですね。


Artsahatatenma_006

今回降りてきた場所の下にも滝があうようです。


Artsahatatenma_007

雪が降る前に、何度でも来たいですね。


Artsahatatenma_008

もっと高い位置から全体を見てみたいですね。

facebook.でこの滝の動画も公開しています。

「浦河 隠れた秘境 名もなき滝・下巻」につづく予定。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

浦河 隠れた秘境 名もなき滝・上巻

Artsagsattatat_001

勢いよく水が流れる滝、斜め上から見ている構図です。

浦河町で「地域あるもの探し探検隊」をやってきました。


Artsagsattatat_002

下に降りて近づいてみましょう。


Artsagsattatat_003

正面から、写真では大きさが伝わりにくいと思いますが見事な滝です。

そしてこの下にも滝がある気配が。


Artsagsattatat_0035

思った通り滝が見えてきました。
写真ではよくわかりませんが、とても恐ろしい場所からのアングルです。


Artsagsattatat_004

滝の真上です。


Artsagsattatat_005

滝の真上から細心の注意をしての撮影、この滝は落差がありますね!


Artsagsattatat_006

中央の滝壺が丸くて露天風呂みたいですね。
滝壺の下がさらに滝になってるようです。正面から見たいけど危なすぎて、どのように降りていいのかわかりません。
よく作戦を練って、再訪問したいと思います。

facebook.でこの滝の動画も公開しています。

「浦河 隠れた秘境 名もなき滝・中巻」につづく予定。



にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ


| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧